全館バリアフリー | キッズスペースありご予約・お問合せは
お電話またはWEBで

0566-70-8787 WEB予約はこちら→

思春期の子どもの口腔事情とケア -歯科定期健診の重要性-

子どもが中学生になると、塾に通うようになったり、部活動が活発になるなど、今までの生活環境と大きく変わり忙しくなります。そのような生活環境の変化により、子どもが小学校卒業までは継続できていた歯の定期健診がなかなか実施できなくなり、歯科への通院が途絶だえてしまうケースも少なくありません。しかし、歯科定期健診は、お子さまの一生健康な歯を維持するためにはとても大切になります。

 

歯科定期健診で「むし歯ゼロ・治療ゼロ」の維持を

中学・高校生に上がっても定期健診の継続ができていると、 子どもはブラッシング(セルフケア)が確立できるようになり、歯並びの状態も定期的に確認ができることにより、「むし歯ゼロ・治療ゼロ」の健康的な口腔環境の維持に繋がります。

 

子どもの定期健診が途絶えてしまうとみられる口腔内の特徴

・口腔内に多量のプラークの沈着がみられる
・上の前歯の隣接面のむし歯
・歯茎と歯の境目部分の白い斑点
・奥歯(第二大臼歯)の上顎頬側や下顎咬合面のむし歯
・歯肉炎の併発

 

理想的な子どもの歯の健康維持で大切なこと

・セルフケア確立(ブラッシング技術習得と、正しい歯のかみ合わせの育成)
・必要に応じて矯正歯科治療を行い、セルフケアの行いやすい口腔環境を作る

 

歯科定期健診の継続は子どもの心理的コンプレックス解消にも繋がります

中学生になると思春期になり、自分の容姿などを気にかけるようになります。歯科定期健診では、お子さまが感じている歯並びに対する悩みや、口腔内の悩みに対して、改善治療を行うことが可能です。場合によっては小児矯正治療が必要になるもあります。小児矯正治療は長期的な治療や費用がかかりますが、むし歯や歯周病の予防だけでなく、子どもの心理的なコンプレックス解消にも繋がります。まずは無理のない範囲で歯科定期健診を継続して、お子さまの歯の健康を維持していきましょう。

 

当院では、それぞれのお子さまの年齢に合わせた言葉での治療の説明を心がけております。受診をご希望の方は、インターネット予約も可能です。

 

当院の小児一般・矯正歯科・定期健診の詳細はこちら>>

当院のWEB予約はこちら>>